Tavola

座卓 卓袱台 ちゃぶ台 ローテーブル 机 食卓 無垢集成材

座卓 卓袱台(ちゃぶ台)

天井が高く感じられる「床に座る生活」
日本古来の生活様式を現代の家庭へ

従来日本人は畳の床と座卓による生活がその基本でした。戦後、生活様式が変わるに従って現在では当たり前の様になっているダイニングテーブルと椅子の生活も、その存在がためにある意味では空間を窮屈にし、我々日本人の足腰を弱めてしまっているのかもしれません。

ここで提案する家具は座って使うテーブルです。フローリングの部屋でも畳の和室でも違和感なく置けるニュートラルなスタイルを目指しました。同時にちゃぶ台としては多く存在する小さな座卓と畳の部屋を限定したかの様ないわゆる和風の食卓とも一線を画したつもりです。

床面から浮遊してるかに見える「天板」だけがそこにある姿を目指した構成です。塗装はブラウンとナチュラルの2色からお選びいただけます。

座卓 卓袱台(ちゃぶ台) 座卓 卓袱台(ちゃぶ台)

無垢集成材を自然塗料で仕上げたマットな風合い

素材にはハックベリーを使用。ハックベリーはニレ科エノキ属の広葉樹です。アメリカ東部で伐採され辺心材の区別はほとんど無く、全体に黄灰色から淡褐色を呈します。材の硬さは中程度で、スチームによる曲げ強度は良好です。肌目は密でプレナーや旋盤加工に適し、釘・ネジの保持力も良いため家具やフローリング材に使われています。

仕上げは亜麻仁油を主成分としたVOC(揮発性有機化合物)フリーの自然塗料。水にも強く、テカりを抑えたマットな風合いです。

※画像はブラウンです。

日常のお手入れ方法

天板の反り・割れについて

無垢集成材を自然塗料で仕上げたマットな風合いです

ゆったりとした足元スペース

天板の周囲に桁がないデザインのため、テーブル下の足元スペースがゆったりとしています。脚を組んでもテーブルが邪魔になりません。

ゆったりとした足元スペース

三方向の嵌合でぐらつきを防止

通常の4本脚のテーブルは経年使用により足がぐらつく事がありますが、このテーブルはプレート状の脚を三方向に嵌合(かんごう)することで剛性的に安定させ、ぐらつきを防止しています。

三方向に嵌合させることでぐらつきを防止
[素材について]

2019年5月より素材がヒッコリーからハックベリーに変更となりました。

座卓の使用例

  • 座卓の使用例
  • 座卓の使用例

サイズバリエーション

  • 座卓 幅2400×奥行900mm

    座卓 幅2400×奥行900mm

    ZTK-2400-900-M-EX
    173,000円+税 詳細をみる
  • 座卓 幅1800×奥行900mm

    座卓 幅1800×奥行900mm

    ZTK-1800-900-M-EX
    143,000円+税 詳細をみる
  • 座卓 幅1500×奥行900mm

    座卓 幅1500×奥行900mm

    ZTK-1500-900-M-EX
    123,000円+税 詳細をみる

Tavola プロダクト一覧

Tavola

Tavola

天板を機能的に美しく見せるため他の要素を極力排除したミニマルなデザインのテーブルとデスクです。無垢集成材を使用しています。

Tavola プロダクト一覧