BLC

少し建築的な説明

底面によるスタッキング(重箱方式)

底面によるスタッキング(重箱方式)
fig.-1

fig.-1のようにキューブの底面は段状になっています。これをはめようとするキューブの上にのせるだけで簡単にスタッキングが出来ます。いわゆる「重箱」と同じシステムです。

ここでこのBLCの大きな特長は2倍サイズのキューブの上に1倍のキューブを並べてスタッキング出きる点、更にその逆に1倍のキューブを2つ並べてそこに 2倍サイズのキューブをスタッキング出きる点があります。2倍サイズ、4倍サイズのキューブの底面はそれぞれスタッキング用の溝が切ってありスムーズに重ねる事が出来ます。

ビー玉によるスタッキング(免震式)

ビー玉によるスタッキング(免震式)
fig.-2

この商品BLCの肝とも言える今までなかったスタッキング方式です。

BLCの名前も「ビー玉を使って正確にスタッキング出きるキューブ」であって、これなしには語る事はできません。

まずそれぞれのキューブ(半分サイズは除く)の外周面にはビー玉用の球状のくぼみが彫り込んであります(fig.-2)。ここに付属のビー玉をのせます。ちょうどそのビー玉の位置に併せてスタッキングしようとするキューブの同様の外周面のくぼみをあてがいます。するとビー玉を介して上下正しい位置にスタッキングする事が出来ます。

ビー玉の位置とキューブの関係について

ビー玉の位置とキューブの関係について
fig.-3

キューブの外周の形は正方形または長方形の形状になっています。この外周の外に後述する目地芯があります。(fig.-3)この目地芯で構成されるグリッド状の升目をちょうど二等分する形状の中心にビー玉のセンターが来ます。いわゆる子供用のプラスチック製ブロック玩具の外周の位置と突起の位置の関係と同じです。

これにより真上にスタッキングさせることはもちろん、一コマずらして積み重ねる、コーナー部分を設けて直角を出してスタッキングさせる等々、様々な組み合わせが可能になります。またビー玉部分は6mmだけ露出します。この6mmが前述の目地幅となり底面によるスタッキングの際のクリアランス部分と併せてユニット構成全体を支配する「目地」を等間隔で実現します。

ビー玉スタッキングに於ける応力の伝搬に関して

ビー玉スタッキングに於ける応力の伝搬に関して
fig.-4

1. 垂直荷重

キューブ内部では荷重は全て下側に来た面に伝搬されそこから垂直荷重はすべてビー玉を介してキューブからキューブに伝わります。キューブの内部がほぼ収納品で満たされた場合下に来る面に対しては等分布荷重がかけられその等分布荷重に対しモーメントのつりあう地点にビー玉が配置されるので鉛直荷重の伝搬は最も理想的と言える伝わり型をします。

2. 水平荷重

この様な積み重ねたキューブが水平応力を受ける場合というのは次の2通りが考えられます。

まずは地震。地震の場合は水平方向に反復の応力がかかります。ビー玉を使って重ねた場合は接合部がすべてローラーとなるので全体にかかる応力が部分的に集中することはありません。全て個別ユニットに対してかかります。またビー玉は球状であるため最終形は再びくぼみの深い位置(この位置がグリッドの中心です)の向かって収束します。つまり揺れが来ても必ず戻る方向に振幅を繰り返しその振幅を縮めて行きます。仮に上部のユニットが脱落する場合は下のビー玉がくぼみを乗り越えるほどの応力がかからないとくぼみからビー玉は出ませんので、地震程度の水平応力での脱落はまずは考えにくいと言えます。(fig.-4

もう一つは人がよりかかった場合。この場合、特に空の状態の積まれたキューブに人の体重をかけて寄りかかられると…これは転倒します。これはどう考えても無理であって中にそこそこモノが入って鉛直方向に向いた力がないと簡単にビー玉はくぼみを越えてしまします。しかしこれは当然と言えば当然で空のダンボール箱が積まれたものに寄りかかる、カラーボックスに寄りかかる、といった様な事象を考えて見れば同じことです。

結論的にはビー玉を使ったスタッキングは中にそこそこの重さのものが入っていれば通常の地震程度には問題はありません。どころか逆に安定して作用します。しかし空の状態で積み重ねた場合はそこに寄りかかるような事は出来ません。この点は十分に注意されてください。

モデュール

モデュール
fig.-5

BLCは厳密なモデュールの構成で支配されています。正方形を基調にしたBLC-01を基本ユニットとしてその側面、上面が完全な正方形でその外周面の3mm外側にモデュールライン(目地芯)があります。これはいわゆる建築で言うタイルの寸法の決め方と同じで目地芯から目地芯までをタイルの寸法として表記するケースと似ています。ここではあくまで製品本体の寸法を表記していますが考え方はあくまでこのモデュールラインに添います。

BLCはさらにここから従来の商品と大きく異なる展開をします。それは縦でも横でもこのモデュールラインに載せて全体を一つのパターンのなかにはめ込む点です。

まずここまでご説明したビー玉を使ってスタッキングする場合の目地芯(モデュールライン)との関係(fig.-5)。次に底面によるスタッキングする場合の目地芯(モデュールライン)との関係、上下にそれぞれ図の様な位置関係でスタッキングする場合の目地芯(モデュールライン)との関係。この場合蓋を使うことにより完全に目地幅を揃えてスタッキングする事が可能です。但しこの場合ビー玉は使用しません。

そして最後に上記と入れ替えてスタッキングする場合の目地芯(モデュールライン)との関係(fig.-5右)。御覧いただけるとわかりますがこの場合だけどうしても上部がモデュールラインから外れます。これはいたしかたありません。従って組み合わせていく場合このパターンは最上部に持ってこられて下さい。

またユニットのなかにはモデュールを少し破っているものもございます。BLC-MとBLC-Vです。BLC-Mはビー玉を使ってのスタッキングには別段問題はございません。そのグリッドが他のグリッドに乗っています。但し外周面だけがMDのサイズに併せて小振りになっています。従って他のユニットと並べた時に前面が少し後退する形になります。

また、BLC-Vは2つ重ねるとBLC-01を3つ重ねたときと同じ高さになります。

この様に厳格なモデュールに支配されたユニットを少し崩す、過剰な表現ではありますが書院造りに於ける『全体と床の間の関係』に結びつけられないかな...と考えました。その様な考え方をプロダクトデザインに再現することが出来れば、さらにそれがインテリアの収納家具として機能がそのまま表現されたプロダクトとして昇華することが出来れば、と考えました。

BLC構成ユニット

BLC(ビーエルシー)

BLC(ビーエルシー)

一定のモジュールに基づいて設計された大小約60の構成ユニット(収納ボックス)を、ビー玉でスタッキングして組み合わせます。

BLCトップページへ